身体の使い方で人生が変わる 素敵な呼吸の口伝 「其の②」


 
前回の
身体の使い方で人生が変わる 素敵な呼吸の口伝 「其の①」
に引き続き呼吸に関するお話です。

呼吸には主に
「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の
2種類の呼吸法があります。

「胸式呼吸」は胸郭(胸の骨)を広げて
肺が前後に広がり空気が入ります。
なので、胸や肩が動きます。

とにかく早く脳と筋肉に
酸素を送る呼吸状態です。

マラソン等の運動時や
危険を察知(緊張)した時等に
判断でき体も動けるようにするものです。

その為の体の反応として
血管は収縮し、血圧を上げ
興奮状態の交感神経が優位になります。

……………………………………………………………

「腹式呼吸」は肺の下の横隔膜を下げ
肺が上下に広がり空気が入ります。
なので、お腹が動きます。

ゆっくりと身体の末端まで
酸素を送る呼吸状態です。

リラックスしている時や食事中
寝ている時等に体を修復する働きがあります。

その為の体の反応として
血管が広がって血圧は下がり
沈静状態の副交感神経が優位になります。

その内容とまとめたのがこちらです↓

呼吸法のまとめ資料

これは、どちらかが良いというわけではなく
両方の自律神経(交感神経と副交感神経)が
交互にバランスよく活動する必要があります。

しかしながら、現代のストレス社会では
常に緊張や刺激にさらされ
交感神経が過剰に働いているのではないでしょうか。

……………………………………………………………

意識とは関係無しに、体温調節や内臓機能等
ずっと活動を続けてくれる自律神経ですが
唯一、自分の意識で調整できるのが呼吸です。

もし、自分の状態を把握した上で
意図的に腹式呼吸を行えるようになる事で
ストレスや緊張の状態をも調整していく事ができます。

……………………………………………………………

そして、その血管や神経、内臓空間までにも
影響を与える呼吸を扱う事によって
筋肉の硬直を緩め無駄な力みを手放し
身体内部の重心位置を調整し
身体内部の圧力を調整する事で
人間という生命体の機能を引き出し
活用する事に繋がっていきます。

「整体空手 身空」は、この呼吸を重視し
解剖学、力学、生理学等の様々な視点から
人間としての自分の機能を引き出す内容を構成しています。

::::::::::::::::::::

■facebookページ 『整体空手 身空』
是非ページ『いいね』してくださいね!
⇒ https://www.facebook.com/shinkukarate/

■座ったままの20分で全身を整えられる
身空の整体ヨガテキストを無料ダウンロード!
 ⇒ http://shinku.okinawa/lp/yogatext/

::::::::::::::::::::  

高橋浩主
整体空手身空代表/デザイナー/整体師
ヨガインストラクター/チャイルドコーチングアドバイザー

ホームページ「整体空手 身空」:http://shinku.okinawa
メールアドレス:shinku.karate@gmail.com

::::::::::::::::::::

ご使用のOSやブラウザによっては文字の改行や画像が正しく表示されない場合がございます。
その際は下記のブラウザをお試し下さい。
Internet Explorer / FireFox / Google Chrome


 

Posted by shinku