ザ・ファブルで読む気の存在について

 

ザ・ファブル

私、高橋家では
ザ・ファブルの漫画が大ブームです。

妻が新聞を読むので
映画になった原作の紹介として
載っていたのを見つけたのがきっかけですが
面白すぎます!
読み進めるのが勿体なく悲しみも伴うほど。

殺し屋の話なのに
僕は読むと幸せな気持ちになり
妻は読むと爆笑しています。

丁度、昨日まで仕事で中国に行ってまして
飛行機の中で今年上映したザ・ファブルの映画も
見る事ができました。

原作では相手を倒す時
「バババッ」と1瞬のコマのみなので
実際どんな動きをしているか
分からなく気になってましたが
岡田准一さんのアクションで
その様子を理解する事ができました。

さずが格闘技を3つ習得して
インストラクター資格を取れる程の腕前だけに
体裁きがプロ^^
原作ファンでも納得のアクションだったと思います。

さて、映画では7巻までの話を元にしていますが
原作の8巻以降には、車椅子の女性(ヒナコ)が登場します。

立つには何年もかかると思っているヒナコに対し
佐藤は半年で立てるようになると断言します。

「足が動くイメージを強く持つ」
「血管の血の流れ~神経から筋肉へ~そして重心移動まで」

そんな体内や動作のイメージが
大切と伝えています。

ボディービルダーも
筋肉に話しかける姿をテレビで見ますよね。

これも筋肉を肥大させる為に
その部分を意識する事が大事だからです。

では、何故、意識やイメージで体まで変わるのか。
それは、生命は電気信号で細胞が働くからです。
その電気信号を武術では「気」ととらえています。

指先を意識すると、触覚が敏感になるように
意識した部分に神経を伝って電気が流れ活性化されます。

つまり、血管も神経も筋肉も
体内を具体的に意識すると、その部分に電気が集まり
細胞が活性化し、動きや治療や成長等の効果が上がります。

その意識と電気信号の使い方を修練すると
「気」というエネルギーが使えるようになり
物の不純物を軽くしたり
相手のエネルギーの流れを整えたりと
ちょっと便利な事ができるようになります。

例えばこんな→(パンに気を当ててみた)

この「気」ですが
一部だけの特別な人間が使えるものではなく
心や体の使い方だけで誰でも身につけられます。

その使い方の基礎は
下記の講座からでも無料で学べますので
ご興味があれば、ご覧下さいませ。

整体ヨガ講座 動画セミナー

::::::::::::::::::::

高橋浩主
整体空手身空代表 / 眼鏡デザイナー
厚生労働大臣認可 全国整体療法共同組合認定 整体師
ヨガインストラクター/チャイルドコーチングアドバイザー
初級障がい者スポーツ指導員

ホームページ「整体空手 身空」:https://shinku.okinawa
メールアドレス:shinku.karate@gmail.com

Posted by shinku