■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【腰を支える体幹の力】

腰椎は肋骨がある胸椎とは違い
動きを制限する骨がない為
背骨の中でも大きく動かせるのが特徴です。

骨の代わりに腰部と腹部を支えているのが体幹の筋肉で
腹横筋、脊柱 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【肩甲骨】



肩甲骨には16の筋肉が接していて、競い合っている。 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【居付く】

相手が体当たりをしてくると想定した時、
それを止めようと重心を両足より前に移して前傾姿勢をとる。

この固まりを「居付く」という。

居付きは、ある一定の動きに対して体が硬直する為、 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【下丹田のパワー】

左右の腸骨(腰の骨)と仙骨(尾骨がある骨)の間には
仙腸関節という関節があります。

この仙腸関節が適度に緩む事で骨盤の開閉がスムーズになり
腹圧を効果的に高める事ができます。 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【不良姿勢】

不良姿勢のきっかけは、日常生活のちょっとしたクセや、
無意識のうちに身についた動かしやすい運動方向への反復動作、
同じ姿勢をとり続ける事で筋肉が緊張し、
収縮した状態が持続してしまう事 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【大腿骨で体を支える】

人間は膝立ちしている状態では
膝の一点で重さを支えており重心が安定する為、猫背になりません。
足裏は広い為、好きな場所に体重がかけられ、重心が僅かにすれる為に、
体を曲げてバ ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【攻撃の気配】

人は自分に危害を加えようとする動きに非常に敏感に反応できる。
わずかな動きや目つき、表情も無意識に読み取っている。
「なるべくすばやく」との思いで自分に力みを感じた瞬間、相手は防御の動作を始 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【緊張の発生源】

体に不調を呼び寄せる浅い呼吸を招く些細な緊張や力み。
その発信源となっているのは「手」です。
指から入った強い緊張は肩・首へ、
そして呼吸循環の中枢である体幹を固め、呼吸を浅くしま ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【自然と人間】

呼吸は「ふくらむ」「しぼむ」のリズムに従って、体の中心から手・足先の末端へ、そして末端から中心に向かって、血液、リンパ、体液と共に全身を巡っています。

このスムーズな呼吸循環こそが、人間の自然治 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【皮膚の境界感覚】

緊張したりすると、自分の身体の感覚が薄まり、その結果、その場にいる人やものが身体に侵入してくるような感覚に襲われる為、自分の身体を撫でて、皮膚という正常な境界感覚を呼び覚ましている。

逆に虐 ...