■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【自然と人間】

呼吸は「ふくらむ」「しぼむ」のリズムに従って、体の中心から手・足先の末端へ、そして末端から中心に向かって、血液、リンパ、体液と共に全身を巡っています。

このスムーズな呼吸循環こそが、人間の自然治 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【皮膚の境界感覚】

緊張したりすると、自分の身体の感覚が薄まり、その結果、その場にいる人やものが身体に侵入してくるような感覚に襲われる為、自分の身体を撫でて、皮膚という正常な境界感覚を呼び覚ましている。

逆に虐 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【蒸しタオル法】

タオルを熱湯に浸して絞り、三つ折りにして患部に当てる方法だが絶大な効果がある。

最初にあてがった瞬間の熱い緊張、収縮から、皮下組織が開放され、冷めていくとともに血管が拡張して血流が流れやすくな ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

エクササイズのような単純な動きを繰り返すと、自然に身体はその影響を受けるようになり、その人の動きも単純になってしまう。

単純な動きは関節を中心とした円運動が多く、大回りするので移動距離が長く、時間がかかり、固く見える。

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【リラックスと自然体】

「リラックス」の最大の利点は、のびのびと動く事ができるようになること。
のびのびした状態ではじめて、一つの動きに全身が参加できるようになり、刺激に対する反応も非常に早くなる。
ただ力 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【突きで拳を捻る理由】

上腕を体幹から動かす強力な筋肉として、大胸筋と後背筋がある。
腕を垂らした状態で上腕を内旋すると大胸筋が盛り上がるように上腕の内旋を意識すると大胸筋と後背筋が良く動く。
砲弾の回転は ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

握る力には(指ピンチ力 *指で挟む力)(握力 *握る力)(ホールド力 *掴んだ物を固定する力)の3つがある。

武術では握力で握ると前腕全ての筋肉が収縮して硬くなりほどかれやすい。ホールド力でひっかけるようにした方が効果が多 ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

一つの間接の動きだけに関わる単関節筋とは別に
複数の関節をまたぐ多関節筋が存在する。

多関節筋の存在によって、一つの関節の動きが他の関節の動きに影響し、
体の中心部に近い大きな筋肉のエネルギーが末梢の小さな ...

■ブログ一覧■, ムシの人のささやき

ムシの人

【可動域の広いポジションから狭いポジションへの移動】

可動域が広いと動きやすい反面、固定する力が弱くなる。
脚や体幹部で作り出した力を効率よく指先まで伝えるには、
筋肉がただ強いだけではなく、ベストなタイミ ...